あるある復縁失敗例|元彼・元彼女と復縁成功

 

 

頻繁に連絡を取ろうとする事

ヨリを戻したい、その気持ちが強すぎると、どうしてもしつこく連絡を取ろうとしたり、ヨリを戻してとストレートに言葉にしがちですが、これは、逆効果になります。
積極的も度を越してしまうと、相手に引かれてしまうので、連絡は、程ほどにしましょう。

復縁には冷却期間を置いたのが効果的だったと、復縁成功者は語っています。

 

付き合っていた頃は、当たり前だったメールのやりとりや、電話でのおやすみの挨拶も、別れた直後は、思い出すと悲しくなるそんな思い出に変わってしまいます。
そんな状態の時に連絡を取ろうとしても、避けられる可能性が高いので、しばらく連絡を止めて様子を見ましょう。

 

連絡すら取ってもらえないなんて、絶望的!!そう考える方もいるとは思いますが、冷却期間が大事なポイントと肝に銘じて、辛い時期を乗り切りましょう。

 

人間というのは、追いかけられるとついつい逃げがちになりますが、興味がない素振りをされると、今度は逆に相手に関心を示したりします。

あなたからの連絡が頻繁に来るのが当たり前、そう相手に認識されてしまうと、あなたが連絡を取っても、「あぁまたか」とあなたの連絡自体を面倒くさいと思って着信拒否をされることもあるでしょう。

 

でも、しばらく連絡を取らないでいて、暫くぶりにあなたからのメールが来たら相手はどう思うでしょうか?
きっと今までどうしていたのかな、元気かなと、あなたに関心を寄せてくれるでしょう。
この方が、ぐっと復縁に近づきます。こういった復縁成功メール術も時には必要です。
暫くは相手との連絡を絶つ、これを守れるかが重要です。

 

恋心を伝えてしまう事

 

恋心を伝えるのは、絶対にダメという意味ではありません。

 

恋人、知人、友達同士の時なら嬉しいことも、特に別れた直後というのは煩わしく思われたりするものです。

 

当分は、別れたあなたの事を考えるのは出来ることなら避けたいはずです。

 

「飽きたから別れたい」そんな理由で別れるケースは希でしょうし、あなたの気持ちを全く考えていないそんな状況でも無いでしょう。

 

でも一旦別れたという事は、相手にとってひとまずこの恋愛は結論が出た、そう意味付けられています。

 

結論が出たはずの恋愛に対して、あなたがまた恋心を伝えてもそんな気分じゃないと相手が恋愛から逃げてしまいます。

 

もし伝えるのならばここぞという状況、もしくは伝える必要性がある場合以外はお勧めできません。

 

当たる復縁占いならココ

復縁するために必要なこと。

それは自ら何らかしらのアクションを起こすことです。

アクションって、具体的には?

その問いに答えてくださるのが復縁占いです。

復縁占いですから当たることが大前提です。

しかし復縁占いのさらにすごいところは、

「自分を見つめなおす機会」を与えてくれることにあります。

そんな当たる復縁占いを一つご紹介します。

生年月日


性別
女性 男性

振ったのは
あなた お相手 自然消滅